若手人事コンサルの日々是成長

若手の人事コンサルが日々の雑感を書きます

仕事に何を求めるかとはつまり、、、

同期と飲みに行った時の話、

 

彼は今の人事コンサルという仕事に楽しさを感じたことが無いらしい。

 

僕としては、楽しくもないのによくこんな激務な日々を過ごせるなあ、と感心したのですが、

 

彼曰く

「日々PDCAが回るような、というか1日単位で結果がでるようなものに魅力を感じる」とのことでした。

 

だったらディーラーとかすればええやん、と思ったのですが、

確かに言われてみればそうだなあと感じる部分もあったのは事実。

 

人事コンサルとして、規模問わず、数十社人事制度を導入してきたけれども、

それによって会社が劇的に変わった!という声は聞いたことが無いこともないが、確かに少ない。(遅行性のものであるから、仕方ないとはいえ)

 

「お客様に対して、スゴイ影響力というか、変化を与えたければITコンサルトか、戦略コンサルとかした方がいいんじゃないの」

という話で、飲み会は終わった。

 

仕事に何を求めるかとはつまり、、、まだ答えは出ないが、今後も探さないとダメだろうなと思う。